Home > 診療支援部門 > 薬剤部

薬剤部

ニュース&トピックス

薬剤師向け病院説明会のご案内

薬剤師向け病院説明会を適時ご案内しております。
詳しくは こちら をご覧ください。


釧路労災病院薬剤部の理念と基本方針

理念

薬の専門職として、心ある良質な医療を提供します。

基本方針

1.正しい調剤と薬の適正使用・管理を行います
2.安全・安心な最良の薬物療法を提供します
3.各々が成長と貢献を目指します


ご挨拶

薬剤部長  重共 孝一

「薬の専門職として、心ある良質な医療を提供します。」を理念として薬の適正使用や管理、安全・安心な医療、各々が成長と貢献を目指し、日夜、奮闘努力しながら業務を展開しています。
 薬剤師の業務も大きく変化してゆく中、患者さん中心の適正な薬物療法の支援のため薬剤管理指導や病棟薬剤業務を通して薬に対する疑問に応え、副作用のモニタリングや処方提案を行っています。また、入院前と入院時に持参薬の面談を行い適切な薬剤情報を入手することや、抗がん剤の調製や処方管理を行って安全な薬物療法を展開など、良質な医療をめざしています。
 その他、チーム医療においても疼痛緩和チーム、栄養サポートチーム、感染対策チームなど積極的に参画しており、薬剤師の専門性を発揮して活動しています。釧路労災病院は、医療スタッフが一丸となり、地域医療の発展のために力を注いでいます。


専門薬剤師・認定薬剤師

専門薬剤師・認定薬剤師のご紹介

認定実習指導薬剤師(日本病院薬剤師会)・・・主任薬剤師 工藤 優子
医療、保健、福祉等における社会的ニーズに貢献できる薬剤師育成の観点から、「薬剤師として求められる基本的な資質」を備え、「安全で有効な薬物療法の提案とそれを実践・評価できる能力」および「チーム医療・地域医療への参画能力の修得を目標とします。実務実習では医療現場における薬剤師の役割を実際に体験してもらいます。その中でも、臨床に係る実践的能力を培うために以下の代表的な8疾患(がん、高血圧症、糖尿病、心疾患、脳血管障害、精神神経疾患、免疫・アレルギー疾患、感染症)が規定されています。それら全ての疾患において、SBOs(到達目標)を確実に達成できるような実習プログラムを提供しています。また、当院及び当地区では、実習生が様々な機能を有する病院・薬局での実習を経験し自分の故郷に帰郷して実習を行う「ふるさと実習」を推進しています。これにより、実習生は自宅から通学することにより、肉体的、精神的、金銭的負担を軽減しつつ、生まれ育った地域の医療及び医療提供体制を学ぶことができます。
是非、釧路をはじめとする道東出身の多くの薬学生の皆さんに、当地区での病院・薬局実習を行っていただくよう心よりお待ちしています。
緩和薬物療法認定薬剤師(日本緩和医療薬学会)・・・薬剤師 小島佑太
悪性腫瘍、ALS、心不全など、生命を脅かす病に関連する問題に直面した患者さんや患者家族は、疼痛・消化器症状・呼吸困難感・倦怠感・精神的苦痛・せん妄など様々な苦痛を抱えています。その苦痛を取り除くため、近年ではより早期の緩和医療の開始が推奨されています。
当院では緩和ケアチーム(PCT:Palliative Care Team)が存在し、多職種カンファレンス・回診を週に一度ずつ行っています。私はチームの一員として薬物療法・非薬物療法を通して患者のQOL向上に寄与するため、日々業務に勤しんでいます。
特に医療用麻薬はここ数年で成分や剤形の種類が増加し、疼痛管理の選択肢が広がったため、個々の患者さんにあった薬剤の選択が特に重要となっており、薬剤師として薬剤の適正使用に貢献できるよう努めております。
外来がん治療認定薬剤師(日本臨床腫瘍薬学会)・・・薬剤師 矢澤 敏
近年のがん医療は著しく進歩し、抗がん剤治療を受ける患者数も年々増加しています。近年は正常細胞への影響を少なくし、がん細胞に特異的に作用する分子標的薬・がん免疫療法など新しい抗がん剤が次々と登場し、治療内容も複雑・多様化しています。また、副作用を予防・軽減する支持療法も使用できるようになり、以前と比較して治療を受ける患者さんの身体的負担は軽減しましたが、一方で免疫系の副作用など、これまでとは異なる副作用も見られるようになっています。支持療法や副作用対策の発展に伴って治療を受ける場所も入院治療から外来治療へシフトしており、長期的に抗がん剤治療を継続するためには治療効果も重要ですが、個々の患者さん・ご家族の考え方、生活環境に応じた適切な薬剤選択、副作用対策を行うことがより重要となっています。その中で外来がん治療認定薬剤師は、医師や看護師と協働して患者さん・ご家族へ治療内容や副作⽤とその対策について説明し、副作用のモニタリングを通じて、安心・安全な抗がん剤治療を提供できるよう努めております。
HIV感染症薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)・・・主任薬剤師 高橋 道生
エイズ(AIDS :acquired immunodeficiency syndrome、後天性免疫不全症候群)とは、ヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus:HIV)に感染することで引き起こされます。アメリカ合衆国の男性同性愛者にAIDS症状が発生し始めた1970年代末から1996年頃まではHIVに感染後適切な治療を受けないと、数年後にAIDSを発症し死に至る感染症でした。現在では様々な治療方法や抗HIV薬等々(別表参照)が開発されAIDSを発症する事は無くなり、慢性のウイルス感染症の一つとなっています。しかし、HIV感染症は発見当時に男性同性愛者の罹患率が多かった事や感染経路にSEX・Sexual Minorityの要因があった為に差別・偏見の病気になってしまいました。その為、HIVに感染しても誰にも相談できず苦しんでいる患者さんが沢山います。HIVの感染経路は、性行為による感染、血液を介した感染・母子感染の3つです。日常生活ではうつりませんし、空気感染もしません。また、現在では適切な治療をして体内のウイルス量を検出限界以下まで減らせば性行為等でHIVを感染させる事は無くなりました(U=U;Undetectable=Untransmittable)。
今(2021年5月)は、コロナ禍の真っただ中で様々なストレスにより、新型コロナウイルスに感染した患者に誹謗中傷を行う一部の人間もいるとの現実があります。これは、人間は理解し難い未知の物に恐怖を抱いてしまう生き物だという事も要因の一つなのかも知れません。この要因による差別・偏見はHIV始め、古くはハンセン病やHBV、現在のSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)にも当てはまります。
現在、保健所はSARS-CoV-2の対応でHIV検査数が減っており、今後HIV感染者やAIDS発症者の増加が予想されます。現在、当院には約20人のHIV感染者が通院していますが、私はHIV感染症薬物療法認定薬剤師としてHIV感染者に寄り添い、世間のHIV・AIDSの差別・偏見を無くす為に啓蒙活動に努めたいと思っています。

【 用法用量が1日1回1錠の薬剤(STR;Single Tablet Regimen) 】
― 抗HIV治療ガイドライン2021年3月より抜粋 ―
日本糖尿病療養指導士・・・主任薬剤師 工藤 優子  竹内 和沙
当院には、薬剤師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師のCDEJ(Certified Diabetes Educator of Japan)がいます。糖尿病は、他の病気と違い、自己管理が重要な病気です。この自己管理(療養)を、指導する医療スタッフが、CDEJです。CDEJは、糖尿病に関する幅広い専門知識を持ち、患者さんの療養指導全般を支援しています。
当院では、毎週木曜日に、CDEJが、講師となり糖尿病教室を開催しています。糖尿病と言われたら、正しい知識を得るために又は、悩みを相談しに参加してみてはいかがですか。
認定栄養サポートチーム専門療法士(日本静脈経腸栄養学会)・・・薬剤師 矢澤 敏
NST( Nutrition(栄養)Support(サポート)Team(チーム))とは、多職種(医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士など)が連携して栄養障害のある患者さんへ適切な栄養療法が行われているかをチェックし、適切かつ質の高い栄養管理を提供するためのチームです。栄養状態が不良の場合、術後の創傷治癒の遅延、感染症の罹患率の上昇などが報告されており、NSTの活動により栄養状態の改善は勿論のこと、入院日数の短縮や疾患の治療効果の底上げに寄与するとされています。当院では多職種が協力して、毎月第2火曜日にカンファレンス・週1回の回診を行い、最適な栄養療法を提供できるよう検討しています。薬剤師の役割は、個々の患者さんの薬歴を確認し、治療薬と栄養製剤との相互作用の回避(例:ワルファリンとビタミンKなど)、病態に応じた適切な輸液・経腸栄養剤の処方提案を行うことで、薬剤師の視点から適切な栄養療法をサポートするとともに、薬剤の投与速度や投与ルートの提案、薬剤による副作用の早期発見など薬物療法に関する提言も併せて行っています。また、定期的に開催される院内研修会の講師も務めています。
認定医療情報技師(日本医療情報学会)・・・薬剤師 安藤 幸彦
医療分野において、医療の効率化、標準化、医療に関する情報開示のためにオーダエントリシステムや電子カルテ等の医療情報システムは必要不可欠の要素となっています。薬剤関係業務においても、医療情報システムを活用し、より質の高い安全な薬物治療を提供していかなくてはなりません。
医療情報技師は、医療情報システムに蓄積される情報から有用な情報を引き出し医療の効率化や安全、質の向上につなげていくことが求められています。

専門・認定薬剤師等の取得状況

2021年4月現在
資格・研修有資格者数
日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師 9
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 9
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師8
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 1
日本病院薬剤師会HIV感染症薬物療法認定薬剤師1
日本臨床腫瘍薬学会外来がん治療認定薬剤師 1
日本糖尿病療養指導士 2
日本静脈経腸栄養学会認定栄養サポートチーム専門療法士2
日本医療情報学会認定医療情報技師 1

薬剤部のスタッフ

薬剤師 16名
嘱託 1名
薬剤助手 4名

調剤業務

 調剤室は広いスペースが確保されており、約1200種類の薬剤を取り扱っています。
 そして最新鋭のアンプルピッカー(自動注射薬払い出し機器)や調剤支援システムの導入により安全かつ確実な調剤を行っています。



無菌調製業務

 中心静脈からの栄養点滴は連続的かつ長時間となります。 こうした点滴注射薬は細菌汚染を避ける必要があるため クリーンルーム内で薬剤師が無菌的に調製しています。 またこれらの点滴内容についても薬剤師が確認を行っています。



がん治療支援業務

がん治療においては治療計画から検査結果に至るまで薬剤師が総合的に確認を行っています。また、抗がん剤は全て安全キャビネットと呼ばれる専用の設備の中で安全かつ無菌的に調整する事により患者様のがん治療の支援を行っています。



薬剤管理指導

 入院中の患者様に投与される薬について病棟担当の薬剤師が薬持参薬の内容や飲み合わせ、薬の用法用量や効果・副作用などを確認しており、他の医療スタッフと協力して患者様の薬による治療が安全かつ確実に実施されるように支援しています。
 また、薬の効果や飲み方・使い方、注意点などについて服薬指導など通じて患者様に分かりやすく説明しています。



入院前、入院時面談

薬剤部では、地域医療センター内において、患者さんと入院前および入院時の面談を行っています。持参薬の確認を行い、抗血小板薬・抗凝固薬の有無、薬剤アレルギーの確認、服薬状況やサプリメントの内服状況を調べ、入院にあたっての適切な情報を入手しています。



チーム医療

 院内には疼痛緩和チーム、栄養サポートチーム、感染対策チームなどといった様々な職種により構成される医療チームが活動していますが、薬剤部ではこうした医療チームに回診・カンファレンスなどを通じて積極的に参加し、患者様の治療支援に深く関わっています。



連携充実加算

連携充実加算について

当院では外来がん化学療法の質向上を目指し、地域の保険医療機関や保険薬局との連携を強化する目的で、外来化学療法センターにおいて抗がん剤(注射)が投与された患者さんへ治療内容や副作用の発現状況等を記載したお薬手帳サイズの「化学療法シール」、「副作用確認シール」をお渡し、保険医療機関及び保険薬局へ提示するようご説明しております。これに伴い、2021年7月より当院において連携充実加算を算定することとなりました。患者さんからシールが提示されましたら、内容をご確認頂くようお願い致します。なお、連携により保険薬局から得られた情報は、外来化学療法センター薬剤師がその内容を精査し、患者の電子カルテに記載することで、医師・看護師へ情報提供させていただきます。地域の保険医療機関や保険薬局の皆様とともに患者さんへ安心・安全ながん薬物療法を提供できるよう尽力してまいりますので、ご理解ご協力の程、宜しくお願い致します。


登録レジメン

掲載内容は院内登録時点における情報であり、常に最新情報とは限りません。投与量、投与スケジュール、希釈輸液などは患者さんの状態によって変更される場合があります。レジメン内容の正確性については万全を期しておりますが、安全性・正確性を保証するものではありません。万一、内容に誤りがあり、その利用により生じたあらゆる損害についての責任は一切負わないものとしますので、予めご了承ください。また、内容は予告なしに変更または削除することがあります。


お問い合わせ先

釧路労災病院 薬剤部
Tel:0154-22-7191(内線7178:外来化学療法担当 平日9時~16時)
Fax:0154-22-7199(トレーシングレポート提出先)