Home > 入院のご案内 > 転倒・転落防止対策(安全で快適な入院生活を過ごしていただくために)

入院のご案内

転倒・転落防止対策 - 安全で快適な入院生活を過ごしていただくために -

入院される方及びご家族の皆様へ

 入院生活を送る病院の環境は、それまで住み慣れた家庭とは異なります。その環境の変化に、病気やけがによる体力や運動機能の低下が加わり、思いもかけない転倒・転落事故が起こることが少なくありません。

 高齢者の方は特に注意が必要です。突然の環境の変化と体力低下に、加齢に伴う認識力や運動能力の低下が加わって、結果とした深刻な事態を招く恐れがあります。高齢者の寝たきりを引き起こす原因の多くは、転倒・転落による骨折です。必要に応じて、様々な補助用具を用意させていただくこともありますので、ご理解をお願いいたします。また、家庭での生活の様子について情報提供をお願いしています。

 私たちの病院では、生活環境を整備しながら転倒・転落の予防に十分に注意をして、安全で快適な入院生活を送っていただくようにいたしておりますが、さらに安全を高めるためには、ご家族のご理解、ご協力が欠かせませんので、よろしくお願いいたします。ご家族の面会は患者さんの励みになると共に、自宅と同じような環境作りに大変役立ちます。できるだけ面会に来てくださいますようお願いいたします。

 ご心配なことがありましたら遠慮なく看護師や担当医にご相談ください。

転倒・転落を防ぐための注意点

ベッドから降りる時、トイレ・浴室・起立時・方向転換時は転倒・転落が起きやすくなっています。以下の点に気をつけて快適な入院生活をおすごしください。


はきもの・着るものチェック

履物は、ご自宅で使用しているものにしましょう。
かかとがある履物、特にゴム底が転倒防止に有効です。
寝巻きやパジャマの裾は、体にあった長さにしておきましょう。


ベッドの高さはできるだけ低く、柵を忘れずに

ベッドからは注意して降りましょう。
ベッド柵を使用しましょう。
普段ベッドを使用されていない方は、看護師と乗り降りの練習をいたします。


お風呂での転倒に注意

お風呂場ですべって転ぶことがあります。
手すりや安定のよい椅子を取り付けていますので、つかまって移動して下さい。


トイレに注意

廊下やトイレなどではぬれた所を避けて、すべらないように注意しましょう。
必要な方には、トイレなどへの移動時に看護師が介助・同行します。


寝不足に注意

日中はなるべく起きているようにしましょう。昼間に寝てしまうと夜眠れなくなります。


補助具を利用しましょう

車椅子や歩行器を準備しています。いつでも使用できます。
車椅子の乗り降りには、必ずストッパーをかけてください。


ナースコールを押して下さい

用があるときは、遠慮せずにナースコールで呼んでください。


検査・手術前の薬剤使用

薬剤により、ふらつくことがありますので、看護師を呼んで下さい。