Home > 診療支援部門 > 薬剤部

薬剤部

ニュース&トピックス

薬剤師向け病院説明会のご案内

薬剤師向け病院説明会を適時ご案内しております。
詳しくは こちら をご覧ください。


釧路労災病院薬剤部の理念と基本方針

理念

薬の専門職として、心ある良質な医療を提供します。

基本方針

1.正しい調剤と薬の適正使用・管理を行います
2.安全・安心な医療を提供します
3.各々が成長と貢献を目指します


ご挨拶

薬剤部長  重共 孝一

「薬の専門職として、心ある良質な医療を提供します。」を理念として正しい調剤と薬の適正使用や管理、安全・安心な医療、各々が成長と貢献を目指し、日夜、奮闘努力しながら業務を展開しています。
 薬剤師の業務も大きく変化してゆく中、患者さん中心の適正な薬物療法の支援のため薬剤管理指導や病棟薬剤業務を通して薬に対する疑問に応え、副作用のモニタリングや処方提案を行っています。また、入院前から持参薬の確認を行い、適切な情報を入手し、服薬管理を行っています。
 その他、チーム医療においても疼痛緩和チーム、栄養サポートチーム、感染対策チームなど積極的に参画しており、薬剤師の専門性を発揮して活動しています。釧路労災病院は、医療スタッフが一丸となり、地域医療の発展のために力を注いでいます。


専門薬剤師・認定薬剤師

専門薬剤師・認定薬剤師のご紹介

認定実習指導薬剤師(日本病院薬剤師会)・・・薬剤副部長 荒井 宏人
医療、保健、福祉等における社会的ニーズに貢献できる薬剤師育成の観点から、「薬剤師として求められる基本的な資質」を備え、「安全で有効な薬物療法の提案とそれを実践・評価できる能力」および「チーム医療・地域医療への参画能力の修得を目標とします。実務実習では医療現場における薬剤師の役割を実際に体験してもらいます。その中でも、臨床に係る実践的能力を培うために以下の代表的な8疾患(がん、高血圧症、糖尿病、心疾患、脳血管障害、精神神経疾患、免疫・アレルギー疾患、感染症)が規定されています。それら全ての疾患において、SBOs(到達目標)を確実に達成できるような実習プログラムを提供しています。また、当院及び当地区では、実習生が様々な機能を有する病院・薬局での実習を経験し自分の故郷に帰郷して実習を行う「ふるさと実習」を推進しています。これにより、実習生は自宅から通学することにより、肉体的、精神的、金銭的負担を軽減しつつ、生まれ育った地域の医療及び医療提供体制を学ぶことができます。
是非、釧路をはじめとする道東出身の多くの薬学生の皆さんに、当地区での病院・薬局実習を行っていただくよう心よりお待ちしています。
がん薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)・・・薬剤副部長 荒井 宏人
がん医療の進歩に伴い、早期にがんが発見され手術や治療が開始されるケースも増え、抗がん剤の投与を受ける患者さんの数は年々増加しています。近年は正常な細胞への影響を少なくし、がん細胞へより大きな効果を与える抗がん剤が次々と開発・発売され、がん薬物療法は高度化・多様化・長期化しています。
一方、治療を受ける患者さんに苦痛を与える副作用については、副作用を予防する薬や辛さを軽減する薬の開発などにより、以前より患者さんへの負担が軽減され、より長く治療を受けることができるようになってきています。
このような背景により、がんの薬物療法は個々の患者さんの目的や生活環境に応じた治療が選択できるようになってきており、適切な薬剤選択や副作用の予防・対策がより早期から行われることが重要になってきています。その中でがん薬物療法認定薬剤師は、各職種が専門性を生かした医療チームに加わり、チームの一員として患者さんに最適な医療を提供する役割を持ち、以下のような業務を行っています。
  • 医療チームの中で、医師・看護師などの医療チームスタッフと個々の患者さんにとって最適な薬物療法を協議し実践する
  • 患者さんやご家族に対し、薬物療法のスケジュールや副作用についての説明を行う
  • がん薬物療法を行う際に発現する副作用を予防・軽減・解消できるよう医師と協議する
  • 患者さんやご家族、医療スタッフの疑問や不安の解消を支援する
  • 薬剤部スタッフへの情報提供・教育・育成を行う
治療を受ける患者さんやそのご家族にはそれぞれの考え方や生活環境があり、長期に治療を受けていただく際にはそのような背景への理解が重要になります。また、医師が選択する治療方法や看護師が選択する投与方法・器具類などについても、その選択を理解するために最新の知識が必要になります。
日頃から患者さんやご家族、医療スタッフとのコミュニケーションを密に図り、意思の疎通を円滑にし、薬剤師の立場から治療や療養をサポートするよう心掛けています。
外来がん治療認定薬剤師(日本臨床腫瘍薬学会)・・・薬剤師 矢澤 敏
近年のがん医療は著しく進歩し、抗がん剤治療を受ける患者数も年々増加しています。近年は正常細胞への影響を少なくし、がん細胞に特異的に作用する分子標的薬など新しい抗がん剤が次々と登場し、治療内容も複雑・多様化しています。また、副作用を予防・軽減する支持療法も使用できるようになり、以前と比較して治療を受ける患者さんの身体的負担は軽減しましたが、一方で免疫系の副作用など、これまでとは異なる副作用も見られるようになっています。支持療法や副作用対策の発展に伴って治療を受ける場所も入院治療から外来治療へシフトしており、長期的に抗がん剤治療を継続するためには治療効果も重要ですが、個々の患者さん・ご家族の考え方、生活環境に応じた適切な薬剤選択、副作用対策を行うことがより重要となっています。その中で外来がん治療認定薬剤師は、医師や看護師と協働して患者さん・ご家族へ治療内容や副作⽤とその対策について説明し、副作用のモニタリングを通じて、安心・安全な抗がん剤治療を提供できるよう努めております。
HIV感染症薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)・・・主任薬剤師 高橋 道生
当院は2007年にエイズ治療中核拠点病院の指定を受けています。私は2014年にHIV感染症薬物療法認定薬剤師に認定されました。約30年前旅先の本屋で、赤ちゃんが「エイズ」になった理由が、自分がHIVに感染しているのが原因だったと分かった母親の手記を読んだ事が「エイズ」に関心を持つきっかけでした。世の中に「こんなに残酷な病気があるのか」と思いました。
北海道の2017年までの累計では、AIDS(後天性免疫不全症候群)患者とHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染者数の合計が505人と報告されています。当院にも20人を超えるHIV感染者が治療を受けています。当院のHIVの治療はHIV運営委員会を中心に医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、心理判定員、MSW、医事課、会計課、総務課などの医療従事者がチーム医療を行っています。HIVの治療はARTと呼ばれ、3種類の抗HIV薬を一生涯服用し続けるとAIDSの発症を抑える事が出来ます。薬剤師は生活習慣・免疫レベルやウイルス量等の検査データ・他の処方薬との飲み合わせ等を患者と共に考え、3種類の最適な薬を選択する手助けをして、副作用・食事やサプリメントの影響・飲み忘れた場合等々の服薬指導を行い、安心して抗HIV薬を服用して頂くように努めています。
現在HIVの治療は進歩し、約30種類の抗HIV薬が発売されています。中には1日1回1錠のみの服用でAIDSの発症を抑えることが可能な合剤もありますし、早期に治療を開始すれば非感染者とほとんど同じ生命予後が見込まれるまでになりました。HIV感染の早期発見の為に積極的に「HIV抗体検査」を受けましょう。

-抗HIV治療ガイドライン 2019年3月より-
日本糖尿病療養指導士・・・主任薬剤師 工藤 優子  竹内 和沙
当院には、薬剤師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師のCDEJ(Certified Diabetes Educator of Japan)がいます。糖尿病は、他の病気と違い、自己管理が重要な病気です。この自己管理(療養)を、指導する医療スタッフが、CDEJです。CDEJは、糖尿病に関する幅広い専門知識を持ち、患者さんの療養指導全般を支援しています。
当院では、毎週木曜日に、CDEJが、講師となり糖尿病教室を開催しています。糖尿病と言われたら、正しい知識を得るために又は、悩みを相談しに参加してみてはいかがですか。
認定栄養サポートチーム専門療法士(日本静脈経腸栄養学会)・・・薬剤師 矢澤 敏
NST( Nutrition(栄養)Support(サポート)Team(チーム))とは、多職種(医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士など)が連携して栄養障害のある患者さんへ適切な栄養療法が行われているかをチェックし、適切かつ質の高い栄養管理を提供するためのチームです。栄養状態が不良の場合、術後の創傷治癒の遅延、感染症の罹患率の上昇などが報告されており、NSTの活動により栄養状態の改善は勿論のこと、入院日数の短縮や疾患の治療効果の底上げに寄与するとされています。当院では多職種が協力して、毎月第2・第4火曜日にカンファレンス・回診を行い、最適な栄養療法を提供できるよう検討しています。薬剤師の役割は、個々の患者さんの薬歴を確認し、治療薬と栄養製剤との相互作用の回避(例:ワルファリンとビタミンKなど)、病態に応じた適切な輸液・経腸栄養剤の処方提案を行うことで、薬剤師の視点から適切な栄養療法をサポートするとともに、薬剤の投与速度や投与ルートの提案、薬剤による副作用の早期発見など薬物療法に関する提言も併せて行っています。また、定期的に開催される院内研修会の講師も務めています。
認定医療情報技師(日本医療情報学会)・・・薬剤師 安藤 幸彦
医療分野において、医療の効率化、標準化、医療に関する情報開示のためにオーダエントリシステムや電子カルテ等の医療情報システムは必要不可欠の要素となっています。薬剤関係業務においても、医療情報システムを活用し、より質の高い安全な薬物治療を提供していかなくてはなりません。
医療情報技師は、医療情報システムに蓄積される情報から有用な情報を引き出し医療の効率化や安全、質の向上につなげていくことが求められています。

専門・認定薬剤師等の取得状況

2019年4月現在
資格・研修有資格者数
日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師2
日本薬剤師研修センター認定薬剤師9
日本病院薬剤師会認定実習指導薬剤師1
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師6
日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師1
日本病院薬剤師会HIV感染症薬物療法認定薬剤師1
日本臨床腫瘍薬学会外来がん治療認定薬剤師1
日本糖尿病療養指導士2
日本静脈経腸栄養学会認定栄養サポートチーム専門療法士2
日本医療情報学会認定医療情報技師1

薬剤部のスタッフ

薬剤師17名
嘱託1名
薬剤助手2名

調剤業務

 調剤室は広いスペースが確保されており、約1200種類の薬剤を取り扱っています。
 そして最新鋭のアンプルピッカー(自動注射薬払い出し機器)や調剤支援システムの導入により安全かつ確実な調剤を行っています。



無菌調製業務

 中心静脈からの栄養点滴は連続的かつ長時間となります。 こうした点滴注射薬は細菌汚染を避ける必要があるため クリーンルーム内で薬剤師が無菌的に調製しています。 またこれらの点滴内容についても薬剤師が確認を行っています。



がん治療支援業務

がん治療においては治療計画から検査結果に至るまで薬剤師が総合的に確認を行っています。また、抗がん剤は全て安全キャビネットと呼ばれる専用の設備の中で安全かつ無菌的に調整する事により患者様のがん治療の支援を行っています。



病棟薬剤業務

 入院中の患者様に投与される薬について病棟担当の薬剤師が薬持参薬の内容や飲み合わせ、薬の用法用量や効果・副作用などを確認しており、他の医療スタッフと協力して患者様の薬による治療が安全かつ確実に実施されるように支援しています。
 また、薬の効果や飲み方・使い方、注意点などについて服薬指導など通じて患者様に分かりやすく説明しています。



入院前、入院時面談

薬剤部では、地域医療センター内において、患者さんと入院前および入院時の面談を行っています。持参薬の確認を行い、抗血小板薬・抗凝固薬の有無、薬剤アレルギーの確認、服薬状況やサプリメントの内服状況を調べ、入院にあたっての適切な情報を入手しています。



チーム医療

 院内には疼痛緩和チーム、栄養サポートチーム、感染対策チームなどといった様々な職種により構成される医療チームが活動していますが、薬剤部ではこうした医療チームに回診・カンファレンスなどを通じて積極的に参加し、患者様の治療支援に深く関わっています。