Home > 診療支援部門 > 中央検査部

中央検査部

概要

 院内における検査業務を行っており、技師は全員が臨床検査技師の国家資格を有しているのはもちろん、レベルの高い検査部として診療支援に貢献しています。

体制

 中央検査部は血液・尿などの検体検査、心電図やエコーなどの生理検査、内視鏡や手術で得られた標本を調べる病理・細胞診検査、更に細菌検査などの部門に分かれ業務を行っています。
中央査科部長(医師)を筆頭に臨床検査技師19名、事務等補助員1名の合計21名で構成されています。

検体検査部門

生理検査部門


  • 誘発筋電計

  • 脳波計
  • 細菌検査部門

  • 中央検査部受付

病理・細胞診検査部門

特色

 院内感染対策チーム内での活動、資格を活かしての糖尿病教室への係わり、細胞検査士による診療科の先生と顕微鏡を囲んでの標本検討、移植コーディネーターとしての対外的活動も行っています。私たちは、チーム医療の一員としての自覚を持ち、迅速かつ正確な検査を常に心掛けています。

外部精度管理調査への参加

①日臨技制度管理調査への参加
②日本医師会臨床検査精度管理調査への参加
※日本臨床衛生検査技師会認定の「精度保証施設認証」施設です。