Home > 採用情報 > ボランティアさん募集

ボランティアさん募集

ボランティアさん募集

釧路労災病院では、ボランティアを募集しています。
患者さまの不安を解消し安心して治療を受けることができるよう皆様の心のあるボランティア活動をお待ちしております。

活動内容 ・ 外来案内
  院内の案内、新患の患者さまへの診療申込書記載の補助
  自動再来受付機の説明、患者さまの移送介助等
・ 移動図書
  入院患者さまへの図書の貸出し
・ 2階エントランスホールに季節に応じた飾りつけをするお手伝い
  お正月、ひな飾り、クリスマス飾り等
・ 病院敷地内の花壇の手入れ
  四季折々の草花を植え、手入れをしております
募集要件月曜日~金曜日
活動期間、時間についてはご相談ください
お問合せ・申込み釧路労災病院 総務課庶務係
TEL 0154-22-7191  内線(2312)


私がボランティア活動を始めたきっかけ

自分がボランティア活動をしようと思ったのは、新聞で募集していたのを見たためです。自分自身も病院通いをしていたこともあり、患者さんがいろいろと困っているのをみて同じ立場だったものとして少しでも分かることを教えて、安心させてあげたいと考えました。それでボランティア活動に参加したいと思いました。まだまだ未熟ですけど、皆さんや仲間に助けてもらい、長く続けていけるよう頑張りたいと思います。

私がボランティアを始めたきっかけは、病棟ボランティアです。今から8年ほど前でした現在は新しい病棟(病院)になって今の人数で活動するようになりました。来院する患者さんに、わからないこと(申込書の記載等)や車イスの介助をしたり、案内等をしています。私にはこのちょっとしたお手伝いがとても充実していますので、後しばらく続けたいと思います。

「おはようございます!」のあいさつから、院内ボランティアが始まります。再来機のお手伝い、車イスの介助をしています。「あの方、1人だけど大丈夫かな?」、「足元は大丈夫かな?」と周囲に目配りをして声をかけるようにしています。「大丈夫だよ、ありがとうネ。」という言葉がかえってくる時が心の中がフワッーと温かい気持ちになるときですよね。ボランティア活動をして教えてもらうことも数多くあります。また、自分の知識不足で反省することも、多々、多々ありますが、背伸びせず無理をせず、相手の立場を思いやり、活動しています。ほんのお手伝いしかできませんが、自分の心の肥やしに少しでもなるようなボランティア活動をやれたらいいなと思っています。

定年後の身の振り方を考えている頃、友人が「労災病院のボランティアを一緒にしてみませんか」、と声をかけて下さいました。自分の勉強する場としてお願いしました。ボランティア活動を始めてまだ日も浅く先輩の皆様に支えられながら頑張って参りたいと思います。

定年後、十勝から釧路の娘の近くに引っ越し、友人もなくプールに通っていたとき同じボランティアの方と知り合い、その方の紹介でボランティア活動を始めました。病院が新しくなったときからお手伝いさせていただき、途中で体調を崩して1年半くらい休みましたが、元気になり感謝の気持ちでまた、お手伝いさせてもらっています。新患者、再来患者さんの受付、車イスの移動、入院患者さんへの移動図書、ひな祭り、クリスマスの飾り付け、春から秋にかけての花壇の手入れ等を行っています。通院している患者さんから「いつもきれいなお花が咲いて楽しみですよ」と声をかけていただき元気がでます。春には焼き肉パーティを楽しんだり、お弁当を食べながら話し合いをしたりします。週1回3時間のお手伝いですが、その日は身も心も引き締まります。これから健康に留意しながら1年で長くお手伝いしていきたいと思っています。

三月の節句、クリスマス、正月の時期には大好評の二階ステージの飾り付けを職員の協力をいただきながら行っています。その他にも正面玄関の花壇の手入れもしています。ボランティアメンバーの活動歴は様々ですが、皆さん活動に生き甲斐を見いだし意欲的です。患者さんや職員、地域の方々から、たくさんの花や本を寄付いただいており大変ありがたく思っています。私たちの活動も又皆さんにより支えられていることを日々実感させられています。